ウェディングプランナーの結婚式講座

現役ウェディングプランナーが結婚式のことを紹介するブログです。

ウェディングプランナー解説!結婚式に着物で出席する場合の注意点

着物のアップ

結婚式に呼ばれて、まず考えるのは、何を着ていくか?ですよね。
女性ゲストの場合は頭を悩ませるものです。
そんな時に提案したいのが、着物。

結婚式に着物で参列すると喜ばれます。

どんな着物を着ていいかわからない、着なれないなど、心配もあるかもしれませんが、ルールを知っていればとっても簡単です。

会場内に着物の女性がいると、とても華やぎ、それだけで披露宴の雰囲気が明るくなります。
新郎新婦やゲストにも喜ばれるので、ぜひトライしてみてください。
ここでは、女性ゲストが着物で参列する時の基本的なマナー、レンタルや着付けを頼む時に知っておくとよいことなどをご紹介します!

礼装の着物は、振袖、訪問着、留袖

洋服にジーンズやTシャツなどの普段着と、制服やスーツなどのようなきちんとした服があるように、着物にも普段着と晴れ着があります。

結婚式のゲストが着る晴れ着には、大きく分けて、

  • 振袖
  • 訪問着
  • 留袖

の3つがあります。
さらに、

  • 未婚か既婚か
  • 新郎新婦との関係が親族かそうでないか

によって、どの着物を着たら良いかが決まります。
着物の種類に沿って、詳しく見てみましょう。

振袖

振袖

晴れ着というと一番に浮かぶのが振袖ではないでしょうか?
成人式で着たという経験がある方も多いと思います。
通常の着物より袖が長いのが特徴で、その長さによって、

  • 小振袖
  • 中振袖
  • 大振袖

と分かれています。

よく着られるのは、

  • 中振袖
  • 大振袖

ですね。

柄行きが「絵羽仕立て」と言って、縫い目をまたいで一続きの絵のようになっており、帯より上にも下にもデザインされていることも特徴です。

振袖は、未婚女性の第一礼装で、新郎新婦の友人でも親族でも着ることができます。お嫁に行くまでしか着られないので、もし成人式の時に作った着物があれば、こうした機会にぜひ着てみましょう。

帯の結び方は、晴れ着の中では一番華やかにできます。
可愛らしい文庫系やお太鼓系の結び方、クールでかっこいい立て矢系の結び方など、雰囲気を変えて楽しみましょう。

留袖

留袖

留袖は、黒地に華やかな金銀のおめでたい柄が描かれており、上前から裾にかけて流れるような模様が付いているのが一般的です。
紋は、胸と背中にいれる三つ紋です。
振袖と同じく絵羽仕立てで、お衿や裾が二枚に見える比翼仕立てになっていることも特徴です。

留袖は、既婚女性の第一礼装で、新郎新婦のお母様の衣装として定番の着物ですね。

金銀の織りが入った華やかな袋帯を締め、二重太鼓に結ぶのが正式です。

おば様やお祖母様など、お母様以外でも着られる着物ですが、お母様以外の親族様は、必ずしも第一礼装でなくてもかまわないので、色留袖や訪問着などを着られることもありますね。

訪問着

訪問着



留袖や訪問着などの第一礼装に続いて格の高い、準礼装として着られるのが訪問着です。

お色味は様々で、絵羽仕立ての縫い目で柄が途切れることのない一続きの絵付けがなされています。
準礼装としては、三つ紋か一つ紋を入れますが、レンタルの場合はないこともあります。

未婚、既婚に関わらず着られるのが訪問着ですので、様々な年代の方に着ていただける着物ですね。

帯は袋帯を締め、二重太鼓に結ぶのが一般的ですが、未婚の若い女性の場合や、華やかに見せたい時には、変わり結びをしても失礼にはなりません。
お好きな結び方で、遊び心を楽しむのも良いでしょう。

美しく見える立ち居振る舞いのコツ

着物姿で可憐に立つ女性

着なれない着物、美しく見えるには簡単なコツがあります。

内股、小幅で歩く

歩く時には、内股にして、小さな歩幅で歩きましょう。

それだけで、上品に見えますし着物でも歩きやすくなります。

腰掛ける時は浅く、背筋を伸ばして

椅子にかける時には、普段より浅めに腰掛け、背筋をぐっと伸ばします。

変なシワができたり、帯が潰れたりすることがありませんし、胃を圧迫しないので返って楽に過ごせます。

帯のタレに注意

特に二重太鼓に結んでいると、立ったり座ったりしている間に、帯のタレが上がってしまっていることがあります。

お手洗いに行った後などは、お尻にも手をやって、タレが上がっていたらさりげなく治しましょう。

お手洗い

お手洗い

お手洗いに行く時には、まず袖を前に持ってきて、帯の上にかけ、踏んでしまわないようにします。

そして、着物の裾を織り上げて、一番端を帯の上にはせこみます。
そうすることで、楽に汚すことなくお手洗いを済ませることができます。

着付けは結婚式場でお願いすると楽

結婚式場

着物を着なれない方が一番苦労するのが、やはり移動中の着崩れです。
そこで、おすすめは結婚式の会場で着付けをお願いすること。

レンタルの着物を事前に持ち込んだり、会場と提携しているところで借りたりすれば、当日は身軽に行くことができます。

着付けはだいたい30分、ヘアセットで30分なので、いつもより30分早く会場へ行くだけ。
館内は適温に保たれているので、外の天気に左右されず、晴れ着を楽しむことができますね。

もしも、外部で着付けを頼む場合は、着付けが仕上がったら、タクシーを呼んで、ドアtoドアで移動できるように手配しておくと楽です。

タクシーに乗る時には、裾を少し上げて、お尻から座席に座り、足をくるっと回すと着崩れません

レンタル着物もおすすめ

for rent

着物に興味があるけれど自分では持っていないという場合は、ぜひレンタルを考えてみましょう。

私の勤めるホテルでも、留袖を着られる方は8割以上がレンタルで、振袖のお嬢さんも半数はレンタルで用意されていますよ。
ゲストの方で素敵な着物を着ている方に聞くと、最近はおしゃれな着物を手軽にレンタルできるお店が増えているそうで、手持ちのドレスを着回すより、レンタル着物の方が楽しめるとのこと。

では、レンタル着物をするメリット、魅力はどんなところでしょうか?

着物一式や小物類が一式セットされている

着物と帯以外にも、たくさんの小物類が必要なのが、着物のハードルをあげてしまう一つの要因です。

しかし、レンタルの場合は、一式コーディネートされて用意されているので、安心。

自分で用意するのは足袋と肌着くらいですから、身軽に参加できますね。

お手入れの心配がない

着物は着る前後に風を通して痛まないようにしておく必要があります。
雨や食事で汚れてしまった時にも、すぐにお手入れしたいところ。

レンタルなら、そんなお手入れもお任せしておけるのが良いですね。

購入するよりリーズナブル

振袖や留袖、訪問着といった晴れ着は、ご自身で購入すると何十万円もしてしまいます。

なかなか気軽に購入することのできない衣装ですが、レンタルならそんな衣装を1〜4万円程度で着ることができます。

リーズナブルに本格的な着物を楽しめるのもレンタルの良いところですね。

毎回違う着物を楽しめる

たくさんの着物

手持ちのドレスだと、アクセサリーやボレロなどの組み合わせで着回すことになりますが、なかなか変化をつけづらいもの。

レンタルならば、毎回違う柄を楽しめますし、季節感を出すこともできます。

最近は、伝統的な柄の着物以外にも、ポップな柄のものやレトロな雰囲気のものなど選べる柄に幅がありますので、より自由に楽しむことができますね。

結婚式に着物を着た時によくある質問

f:id:rerereflow:20161003012512j:plain

小紋や付け下げを着ても良いか?

全体に同じ柄を繰り返した生地でできている小紋や、反物の状態で絵をつけ絵羽仕立てにはしない付け下げは、結婚式の場にふさわしくないという考え方があります。

そのため、ご自身がお持ちの場合、着ても良いかどうかと聞かれることがよくあります。
結論としては、親御様以外の立場で参列されるなら構わないとお答えしています。
小紋は、洋服ならスーツよりはカジュアルな、おしゃれなワンピースのような感覚です。
友人や同僚として出席するなら、十分着ていただいて構わない衣装ですが、帯の合わせ方はお祝いの席にふさわしいものを選ぶように気をつけましょう。

一般的な小紋に豪華な袋帯は合わせませんが、結婚式の場合は金銀のおとなし目のものやモダンな柄の袋帯を合わせておしゃれに仕上げましょう。

夏場は単衣の礼装を着るべき?

着物でも夏用のものがあり、礼装もそれに倣うべきかどうかといつ質問もよく受けます。
これも、冷房の効いた会場内で着るものですし、そもそも礼装の単衣など夏用のものをお持ちの方、レンタル着物のご用意自体が難しいので、夏の結婚式でも袷の礼装で構いませんよとお伝えしています。
ごく稀に、夏用の礼装をお持ちの衣装店がありますが、それを探すのはとても難しいこと。

移動中はどうしても暑いので、会場内で着付けして脱いで帰るスケジュールにするのが大切です。

着崩れた時はどうしたらいい?

着なれない方は、着崩れた時のことが心配ですよね。

知っていれば簡単に直すことができます。

  • 襟元が緩んできた場合は、後ろ身頃のおはしょりを下へ引っ張ります。
    両手でそっと引きながら、様子を見るのがコツです。
  • 着物の上前が下がってきてしまった場合は、腰紐を押さえながら、下がっている上前を腰紐に入れ込み、上に上げることで直せます。
  • 帯が緩んできてしまった場合には、帯締めをぐっと締めなおすことでひとまずしのげますが、心配な場合は、会場内の美容師さんに声をかけて直してもらうのが安心です。

苦しくなってきた時は?

お腹を押さえる女性

お食事をされると、少し苦しくなってしまうこともあります。

その時は、帯と着物の間に上から指を入れ、左右に動かしながら余裕を作ると、少し楽になることがあります。

帯の下側は締めたままですので、解けることはありません。
胃のあたりの締め付けが少し緩むことで楽になりますね。
それでも苦しい場合は、帯枕を結んでいるガーゼの紐を結び直すと楽になりますが、緩めすぎると帯が解けやすくなってしまいます。
無理せず、会場内の美容師に相談して見られるのも一つの方法ですね。

まとめ

いかがですか?

せっかくの華やかな結婚式ですので、着物で出席されてみるのもひとつのお祝いの形。

タンスに眠っているご自身の着物や、レンタルできる晴れ着で、いつもと違う装いで出席してみるのも楽しいですね。