ウェディングプランナーの結婚式講座

現役ウェディングプランナーが結婚式のことを紹介するブログです。

ウェディングプランナーが教える結婚式に参列する父親・母親の服装

笑顔のシニア夫婦

「結婚式で、父親・母親は何を着てもらったらいいんでしょうか?」

というのは、新郎新婦様からよく聞かれる質問です。
結婚式の日にちや会場が決まると、親御様の立場では、さぁ自分たちの服装は?とお考えになるようです。

レンタルで揃える場合には、試着が必要なこともありますし、両家で話し合う必要もでてきますので、早めに検討しておくと安心。

お父様・お母様の服装も早めに検討しましょう

ここでは、

  • 両親の服装を選ぶための基準
  • 気をつけること
  • 人気の服装などをご紹介します。

両家でバランスよく揃える配慮を

両親の服装を決めるにあたって大切なポイントは、

  • ゲストより一段上の第一礼装であること
  • 両家の両親が並んでも違和感のないように揃えること

の2つです。
まず、親御様は新郎新婦とともにゲストをお迎えするホスト側に当たります。
ホストは、ゲストより一段上の礼装でお迎えするのがマナー。

着なれない服装を避けたいとおっしゃる親御様の声もあるのですが、当日ゲストの方を気持ちよくお迎えするには、やはり第一礼装であるモーニングや留袖をお召しになっていた方が安心して過ごせます。

また、結婚式では両家の両親が新郎新婦とともに並ぶシーンがたくさんあります。

  • 親族集合写真
  • ゲストのお迎えやお見送り
  • 花束贈呈
  • 謝辞を述べるシーン

などで並んでも違和感のないよう、できるだけ揃える方が好ましいと言えます。

和装洋装をどちらかに揃えたり、服装の格を揃えたりしていると違和感なく並んでいただけますね。
しかし、時々相談を受けるのが、こうした意向がまとまらない場合です。
片方のお母様はどうしても着物が着たいとおっしゃって、片方の親御様は着たくないなどとおっしゃる場合などは、新郎新婦様もウェディングプランナーも困ってしまいます。
晴れの場ですから、お互いの意見をよく聞いて納得のいくようにまとめたいですよね。

意見が違う場合は、新郎様側を立ててそちらの意見に従う、遠方から来られる、お身体が悪いなどやむを得ない理由がある方へ合わせるなどの配慮が必要です。

早めにそれぞれの親へ意向を聞いておき、トラブルにならないように意見をまとめておきましょう。

父親の服装はモーニングが基本

まずは、父親の服装からご紹介します。

モーニング

f:id:rerereflow:20180605024653j:plain

ご婚礼で親御様の服装というと9割以上がモーニングをお召しになります。

男性の昼間の第一礼装である「モーニング」
夕方からはタキシードが第一礼装となりますが、日本のパーティーではそれほど厳密には区別されません。
礼服を着て来られるゲストよりも一段上の礼装ともなり、集合写真や花束贈呈などのシーンでも見劣りすることのない服装です。
モーニングは、ほとんどのお父様がレンタルでご用意されます。
試着をすると、意外と楽な着心地であることがわかっていただけるのですが、基本的にはスーツと同じで、ウエストをサスペンダーでつっているので締め付け感がなく、食事をしながらでも負担なく過ごせます。

服装のレンタル費用は、会場によって異なりますが、2万円前後で用意できることがほとんどです。

レンタルには試着が必要ですので、タイミングをみてご案内しましょう。

略礼服

略礼服

いわゆる礼服のことです。

冠婚葬祭に使える準礼服ですので、大抵の方がご自身でお持ちになっており、費用をかけずに用意することができます。

ネクタイは白、ポケットチーフも白を合わせます。

ゲストより一段上の礼装ではないのですが、両家で納得の上揃えてお召しになるのでしたら、問題ありません。

ブラックスーツ

ブラックスーツ

礼服ではなく、普段会社で着られるスーツよりも少しオシャレなデザインのブラックスーツです。
ネクタイやポケットチーフは白を合わせます。

ホテルや結婚式場で、恩師や上司を招いた格式高い結婚式には向きませんが、親しいご友人や親族中心のカジュアルな会場での結婚式では、こうした服装も似合います。

モーニングでは堅苦しいと感じる時には、ブラックスーツを選ぶ方が正解ですね。

紋付袴

紋付袴

まれに、お父様も紋付袴を着たいとご希望されることがあります。

和装での男性の第一礼装ですから、着られることは問題ありません。

私もこれまで数件担当しました。
しかし、仕事柄普段から着物を着られる方や、お父様の個性に馴染む場合だけでした。

場合によっては新郎様よりも目立ってしまうこともあるので、お父様が主役のように見えてしまわないよう、配慮が必要ですね。

母親の服装は留袖が基本

母親の服装はどのようなものがあるでしょうか。

留袖

黒留袖

留袖は、既婚女性の第一礼装。会場の雰囲気などを選ぶことないため、着られる方が最も多い服装です。

母親の場合は、留袖以外にレンタルで用意できる服装がほとんどなく、スーツやワンピースなどを購入することになるため、逆に服装の準備に手間がかかるため、留袖を選ぶほかなかったという理由もあげられます。

ここでいう留袖は黒留袖のことで、色留袖でも紋が入っていれば間違いではありませんが、準礼装になるため、特別な理由がない限りはおすすめしていません。

これまで色留袖を着られたのは、おばあさまから譲り受けた大切な着物だから、家族のお祝い事にはいつも着ていたからなど特別な理由がある場合だけでしたね。
留袖は、ご自身でお持ちの場合もありますが、レンタルでご用意される方が多いように感じます。
レンタルする場合は、事前のお下見で服装を選びます。
柄行きは、お好みで選んでいただいて良いのですが、身長の低い方はわりと小さな柄が連なったものが、身長の高いかたは、大胆な大きな柄が似合いますね。
染め、刺繍など好みですが、お祝いの場にふさわしい吉祥文様が選ばれることが多いです。

レンタルにかかる費用は3万円前後です。

セットアップスーツ

セットアップスーツで立つ女性

洋装の場合に、最もよくお見かけするのがセットアップスーツです。

参観日などに着られるようなスーツより少しドレスアップしたもので、ロングの黒スカートに、シルバーや黒の光る素材などのジャケットを合わせたタイプがふさわしいですね。

それだけでは少し華やかさが足りないので、インナーに襟がフリルになったブラウスを合わせたり、大きめのアクセサリーや生花のコサージュを合わせたりされると、結婚式にもふさわしい服装になります。

留袖ドレス

留袖ドレス

レンタルでご用意できるお母様の服装として、時々ご紹介していたのが、留袖の生地で作ったロングドレスです。

洋装の正礼装として通用するデザインで、ご起立で並んだ時には留袖と同じような印象になるため、和装では動きにくく着慣れないと敬遠される場合におすすめしていました。

着物と同じ正絹でできており、シンプルなラインですので、着る方の体系を選ばず、エレガントな印象に仕上がります。
婚礼服装を扱う服装店でご用意があるので、取り扱いがあるかどうか聞いてみましょう。

父親・母親の服装で気をつける点

check

それぞれに負担のない服装で

両家で服装を合わせなくてはならない、と思うあまり片方の親御様が無理をされてしまうのでは本末転倒。

揃っている方が好ましくはありますが、ご事情がある場合は負担のない方法を選び、ご両家が納得していれば揃っていなくても構いません。

体調が思わしくない中着なれない服装が負担になり、おひらき直前に倒れてしまって救急車を呼ぶことになってしまったこともありました。
よく話し合って、負担のない服装で結婚式を楽しんでもらいたいですね。

レンタルするなら必ず試着を

for rent

お父様のモーニングは、試着が必要ですが、ご自宅が遠方だったりおいそがしかったりという理由で、試着なしでのお見立てを希望される方がいらっしゃいます。

  • 身長
  • 腕の長さ
  • 首回りの長さ

など、

指定されるサイズをお知らせいただくとご用意は可能なのですが、やはりフィッターさんが測ったものとは誤差が出てしまうのか、どこかのサイズが合わなくて慌てることがほとんど。

前日に会場入りして試着したり、早い段階から試着のスケジュール調整をしたりして、できるだけ試着をされることをおすすめします。

着付けやヘアセットの予約を正確に

髪の毛をセットされる女性

着付けなどを会場に頼む場合は、予約が必要です。
着物に加え、ヘアセットやメイクなども希望に応じてお願いすることができます。

多くの場合は、新郎新婦様を通じて予約を集め、それぞれの入り時間をお知らせするのですが、予約内容が希望と違っていることが時々起こってしまいます。

ヘアセットやメイクの予約をしたつもりができていないと、当日現場は大慌て!
いそいでお支度をすることになるので、結婚式が始まるまでが慌ただしくなってしまいます。
予約は正確にお願いしましょうね。

着物のお持ち込みの場合は、お忘れ物に注意

チェックボックスと人差し指

ご自身の着物を着られる場合は、一式をご自身でご準備頂きますが、時々忘れ物があります。
よくある忘れ物は、

  • 襟芯
  • 帯揚げ
  • 帯枕
  • 足袋

などでしょうか。

こうした小物類は、会場に予備もありますので、なんとかなりますが、時々、なんと着物本体や帯をお忘れになるというお客様もいらっしゃいます。

もちろん、そんな時には足りないものだけを服装室からレンタルするので、なんとかお支度を整えることができるのですが、スタッフ一同ヒヤヒヤしてしまいます。
ご自分の着物を着る場合は、事前に会場へお持ち込み頂いて、心配ならスタッフに一式揃っているかどうかを見てもらうと安心ですね。

まとめ

いかがですか?
ひとくちに、親御様の服装といっても様々。

お父様お母様にとっても晴れの場ですので、それぞれにふさわしい服装で過ごしていただきたいですね。

そのためには早めの準備が大切。
マナーを守って、お互いに負担のないよう、服装の準備をすすめましょう。