ウェディングプランナーの結婚式講座

現役ウェディングプランナーが結婚式のことを紹介するブログです。

ウェディングプランナーが教える結婚式の和装

和装で手をつなぐ新郎新婦

近年、結婚式では和装ブームが到来しています。
日常生活で着物はほとんど着ることがなくなっているため、新郎新婦の多くは、和装に関して聞き慣れない言葉やしきたりが多そうでなんだか大変そうというイメージを持っています。

しかし、日本伝統の花嫁和装は新しい門出を彩り、日本女性の奥ゆかしさや美しさを最大限に引き出してくれます。これはウェディングドレスやカラードレスにも勝るものがあります。

和装を着ようかお悩み中の新郎新婦へウェディングプランナーが和装の知識やコーディネートについて紹介します。

近年、和装が選ばれる理由

一時期ウェディングドレスへの強い憧れが最高潮に達し、ドレスが着れれば満足という新婦の概念がありました。
しかし最近は、

  • 親孝行として親御様や祖父母に和装姿を見せてあげたい
  • 日本に生まれたからには和装をしたい
  • 花嫁和装は結婚の時にしか着れないから、あとあと後悔したくない

という理由から、和装を選ぶ新郎新婦が増えてきました。

また、新郎が紋付を絶対着たいと希望する場合もあります。
実際、多くの日本人男性の体格はタキシードよりも紋付が似合うのは事実です。

タキシードに抵抗があると悩む新郎様に、紋付をお召しいただくと、とてもお似合いでしっくりくるということが経験上何度もありました。

男性は成人式か結婚式以外で和装をすることは皆無です。似合うのにとてももったいないと思います。
なので結婚という大きな節目で一度日本男児の和装を披露することをおすすめします。

和装はいつ着るの?

和装で並ぶ新郎新婦

披露宴のお色直しで

今や新郎新婦の多くが教会で結婚式を挙げます。
教会で結婚式を挙げる際、和装は披露宴のお色直しで着るのが一般的です。
カラードレスも素敵ですが、和装を取り入れることで衣裳演出にメリハリが出ます。

ウェディングドレス→カラードレスより、ウェディングドレス→和装で登場する方が、圧倒的にゲストが喜ぶのです。

特に、ご年配のゲストは結婚式で和装姿を見たいと思っている方がほとんどです。
ゲストの目を楽しませるためにも主役である新郎新婦の和装はぜひ取り入れることをおすすめします。

前撮りで

前撮りで和装を着て、写真だけ残したいという新郎新婦も増えています。

庭園や和室のある公共施設など、和装が生えるロケーションで思う存分写真を撮ることができます。
また、式場が洋風の場合も、撮影会場内の装飾を工夫することで和モダンな写真を撮ることができます。

和装の金額について

見積書

  • 和装するにはどれくらい金額がかかるの?
  • 正直高そう・・・

というイメージをもたれている新郎新婦や親御様も多いです。

では実際、和装をするとどんな料金が発生するのかを紹介します。

衣裳代金

日本の和装市場は現在ほぼレンタルです。

和装は過去の貸し出し数が多い衣裳ほど、値段が安い傾向があります。

これは、生地が疲れてきたり、一見わからないですが、ところどころ刺繍のほつれが出てくるからです。
反対に新品のものや、貸し出し数が少ない衣裳は値が張ります。
また、刺繍の種類(手刺繍なのか、機械織りなのか)によっても価値が違います。
昔は、和装=100万越えがあたりまえという時代もありました。
ご存知の親御様も多いと思いますが、和装は非常に価値が高かったのです。

しかし、今はドレスよりも低価格のものたくさんあり、低価格でも気に入るものが見つかる可能性も十分あります。

前撮りのみ和装を希望する場合は定価の〇%割引など、少し安くレンタルしてくれる衣裳店もあるようです。
また和装に必要な小物は別途料金がかかる場合と衣裳代にセットで含まれている場合があります。

着付け料とヘアメイク料

これは、衣裳代とは別で、美容師に発生する金額です。
成人式の振袖と同じシステムで、呉服屋さんで振袖をレンタルまたは購入して、当日美容室を予約して振袖の着付けやヘアメイクをしてもらうのと同じです。

価格は式場によって様々ですが、ドレスの着付け料よりは高いです。

これは、花嫁和装にはドレスよりも大変な着付けの技術が必要とされるからです。
美容師免許とは別の資格が必要で、資格の維持もとても大変です。

例えば、ドレスの着付け料(ヘアメイク込み)が1着10万円だとすると、和装の着付け料は15万~20万くらいするところもあります。

前もって式場に着付け料の確認をしましょう。
また、ヘアメイク料が込みなのか別なのか、ヘアメイクリハーサルはどのくらい費用がかかるのかも確認が必要です。

かつら料

近年、和装でも洋髪をする新婦が増えています。
こうしたかつら離れの原因としては、

  • 重そう
  • 似合わなさそう
  • なんだか大変そう

などの理由が挙げられます。

かつら料は洋髪よりも高いのが一般的です。

実際私が勤めている結婚式場でもかつらの種類によりますが、3万以上はします。
しかし、白無垢や打掛にはやはりかつらはとても自然で似合うものです。
最近のかつらは軽量化もされており通気性もよく、重いや熱いなどの悩みを解消しているものもあります。
また、どうしてもかつらに抵抗がある方は、自分の髪を日本髪風にアレンジしても素敵だと思います。

和装の種類

結婚式の和装の種類は大きく分けて4種類あります。

それぞれの衣裳に日本の伝統文化が語り継がれています。

白無垢

白無垢の花嫁

色打掛全身白で統一した一番格式の高い和装です。

白の和装は、嫁ぎ先の家風に染まりますという意味が込められていて、室町時代から続く日本伝統の花嫁衣裳です。

色打掛

色打掛

白以外の打掛を総称して色打掛といい、武家の女性の花嫁衣裳として用いられていました。
おめでたい柄の

  • 吉祥文様
  • 鶴亀
  • 鳳凰
  • 松竹梅

などが刺繍で描かれ、

豪華絢爛で煌びやかなことから現代でも披露宴のお色直しでよく着用されています。

引き振袖

j引き振袖

新和装スタイル振袖の中で唯一結婚式で着ることのできる黒引きはスタイルアップの効果も高く、人気の花嫁衣裳です。

  • 帯揚げ
  • 帯締め

など、小物をいろんな色で雅にアレンジできるのも人気の秘訣で、ハイセンスで個性を出したい新婦におすすめです。

日本の伝統文化に近代の要素を取り入れた和装スタイルのことです。
打掛はオーガンジーやチュールなど自由な素材を使い、現代風にアレンジします。
また、かつらは着用せずに、ウィッグなどで洋髪アレンジにします。

和装小物

花嫁和装をよく観察してみると胸元にたくさんの小物がついていることに気づきます。

小物の知識を少しでも知っておくと和装のコーディネートに役立つこともあります。

そこで、和装の小物について紹介します。

筥迫(はこせこ)


 


懐剣江戸時代、武家の女性が鏡や白粉、紅筆など化粧道具を入れて持ち歩いていた、いわゆる化粧ポーチです。
現在では花嫁の正装用にも転じ、装飾品として四角い匂い袋のついた筥迫を胸元に添えます。

懐剣


 

武家の女性が護身用に持っていた短刀の名残で帯の左側に指す縦長のふさがついた飾りです。

末広

末広
扇子のことです、形状から「末広がりでおめでたい」という意味が込められている縁起物の小物です。

マナーとして末広は開いてはいけないとされています。

和装ブーケ

ボールブーケ

ブーケはドレスコーディネートの必需品ですが、和装の際もブーケを持ちたいという新婦も増えてきました。

  • 牡丹
  • ピンポンマム
  • ゆり

など和のお花で作られたボールブーケなどが人気です。

ブーケについては、ウェディングプランナーが教える結婚式で大切なブーケ選びのポイントで紹介しています。

また、予算を抑えたい新婦に、末広(センス)を造花で少しアレンジして可愛く工夫をすることもおすすめです。

通常和装の際は末広を持っているので、ブーケは絶対に要るわけではありません。

和装の髪型

文金高島田

文金高島田

江戸時代に登場した髪型で、頭頂部で束ねた高いまげが特徴です。

かつらをつける場合、ほとんどの新婦がこの髪型をしています。

綿帽子

三三九度をする花嫁

文金高島田にかぶる白い袋状の布です。
白無垢を着る際に挙式で使用します。

大きな帽子で小顔効果も高く、和装版のヴェールのようなものです。

角隠し

角隠しをした花嫁

文金高島田につける帯状の布です。
江戸時代の女性が、外出の際に魔除けやほこりよけとしてかぶっていた揚帽子が原型と言われています。

  • 白無垢
  • 打掛
  • 引き振袖

すべての和装で着用することができます。

着物以外で和装をアレンジ

ブーケを持つ花嫁

花嫁和装は

  • 白無垢
  • 色打掛
  • 引き振袖

など着物だけでも見ていてとても素敵です。

しかし、近年この素敵な着物をさらにハイセンスに魅せるコーディネートが人気です。

ポイントは

  • 着物の中に着る着物(掛下)
  • 半衿
  • 筥迫
  • 懐剣

などの小物を着物とは別の色にアレンジすることです。

通常これらは白に統一されており、打掛や引き振袖の色や柄をしっかり目立たせる目的も担っています。

しかし近年、披露宴での和装へのお色直しが増加傾向にあり、披露宴だからもっと和装をアレンジして着たいとこだわりをもつ新婦も増えてきました。

例えば、真っ赤な色打掛の下に若草色(緑系)の掛下を着て、市松文様の半衿をつけ、
筥迫や懐剣をからし色(黄色系)の小物でコーディネートすると粋でモダンなイメージに仕上がります。
これらは一般的にオプション小物としてレンタルされており、衣裳コーディネーターに相談するといろんな柄や色の小物や掛下を試着でつけてみることができます。
それに合わせて、髪につけるお花の色や種類を選別するとより素敵で華やかな和装コーディネートが完成します。
また、私が過去担当した新婦様で人と同じことはしたくないという方で打掛の下に黒引きを着た方もいらっしゃいました。
赤の打掛で披露宴入場し、お色直しで打掛を脱ぎ、黒引きで再入場をしました。
脱ぐだけなのでお色直しの時間も短縮でき、2着の和装姿をゲストに楽しんでもらえたことにとても満足をされていました。

最近のトレンド和装

大正ロマンの柄

最近よく聞く和装のコーディネートは

  • 大正ロマン
  • 昭和モダン

です。

ネットで検索をすると、これらの時代を代表する柄や色使いを確認することができるので、私も日々、その素敵な色使いやコーディネートの虜になっています。

しかし、個性を求めて和装をアレンジしすぎて、なんでも有り状態に陥るのは、一歩間違うと下品な着こなしになってしまうこともありますので危険です。

  • 奇抜すぎる
  • 花魁風になる

といったことを注意しながらアレンジを楽しみましょう。

そのためには、必ず衣裳コーディネーターに相談し、格式の高い和装を品良く着こなすアドバイスをしてもらいましょう。

まとめ

いかがでしたか?

花嫁和装は、日本人に一番似合い、大和撫子の魅力を最大限に披露できる衣裳です。

今や、よみがえる和装ブームにより、多くの新郎新婦が和装を検討する時代になりました。
ぜひ、挙式や披露宴で和装姿を披露したいと考える新郎新婦は、式場見学や、打ち合わせの際にウェディングプランナーに相談してみましょう。