ウェディングプランナーの結婚式講座

現役ウェディングプランナーが結婚式のことを紹介するブログです。

ウェディングプランナーが教える結婚式で必要なお礼について

f:id:rerereflow:20150803062231j:plain

結婚式では新郎新婦を支えるため、様々なゲストの方がいろんな場面で協力をしてくれます。

ゲストの方に結婚式で大事な役をお願いするにあたって、両家からお礼をすることは今や常識にもなっています。

お礼は「感謝の気持ち」が最も大事で、大きな金額や高級なプレゼントを選びすぎると、ゲストはかえって恐縮をしてしまいます。

お祝い事というとこもあり、「少ない!!」とケチをつけるゲストは滅多にいないと思いますので、
「ちょっと嬉しい、助かる」くらいの現金やプレゼントが喜ばれます。

では、どんな方にお礼をするべきなのか、お礼はどのような形で行うのか、また、どんな方になにをお願いするべきなのかも含めてウェディングプランナーが詳しく紹介します。

どんな方にお礼をするのか、お礼の内容

受付の方

スーツを着た女性、ご案内ポーズ

結婚式の受付役はとても大事です。
友人の結婚式で受付役を経験したことがある人はおわかりかもしれませんが、受付では、

  • 列席者の出欠確認
  • 芳名帳の記入のお願い
  • 帰りのタクシーの有無の確認
  • ご祝儀の預かり
  • お手洗いや喫煙所の案内

など列席者が多ければ多いほど大変です。ゲストの来館時間が重なるととても混雑することもあります。

通常、受付は新郎友人2名、新婦友人2名の計4人にお願いするのが一般的です。

会社の同僚や後輩にお願いする場合もあります。

新郎新婦の大事な上司に挨拶をしたり、ご祝儀を預かったりするため、友人の中でもしっかりしたリーダー的存在の方にお願いすることをおすすめします。

銀行員をしていたり、営業職や接客業の経験がある友人に頼むのがベストでしょう。
また、県外から来る友人は避けるべきです。
県外から来てもらうだけでも大変なのに、その上受付をお願いされると友人の気が休まりませんし、挙式が始まる前に疲れてしまいます。

このように受付はとても大変な業務ですので、ほとんどの新郎新婦はお礼を渡します。

親御様から受付役の友人にお礼を渡す姿はよく目にします。
お礼の内容としては、雑貨や菓子折りなどのプレゼントを用意したり、3,000円~5,000円の現金を用意することが多いです。

乾杯の発声をお願いする方

乾杯の音頭をとる女性

披露宴で乾杯の発声をしていただく方です。
乾杯は場を盛り上げ披露宴のスタートをかざる大事な役目です。

台詞を考えたり、普段使い慣れない結婚式乾杯用語を事前に練習し、備えてくれています。

通常、新郎上司にお願いすることが多いですが、盛り上げ上手な親戚のおじ様などにお願いすることもあります。

お礼の方法と内容としては、待合室にて親御様から直接手渡しをしますが、会社関係の方の場合、親御様が顔を知らないことが多いため、受付にて出欠確認をとる際に、受付役からお渡しするのが無難です。

5,000円~10,000円の現金、または商品券を用意する方が多いです。

祝辞をお願いする方

スピーチイメージ

これは、新郎新婦の主賓のトップにお願いします。

新郎の勤め先の社長さんや、新婦が看護師であれば看護師長さんなどにお願いをします。
結婚式の祝辞では主に「夫婦円満の秘訣」をお話してもらうことが多いです。

こちらも乾杯の方と同様の内容や方法でお渡しする場合が多いです。

また、商品券の場合は引出物袋に入れることもあります。
これはバタバタする受付や待合室での渡し間違いや渡し忘れなどを防ぐ確実な方法です。

友人スピーチの方

抱き合う二人の女性

友人代表のスピーチをお願いする方です。

手紙を書いて思い出話を紹介してくれたり、新郎新婦の良いところをゲストの皆さんに知ってもらうためのエピソードを用意してくれていたりします。
このように新郎新婦を立ててくれる内容です。

お礼の内容や方法としては後日、手紙とともにプレゼントを渡す新郎新婦が多いです。

余興の方

ジャズ演奏

近年、余興はゲストの負担になると考えられ、お願いしない新郎新婦も多くなりましたが、
披露宴を盛り上げる笑いや、素敵な感動を作るのにとても大切な役目です。
経験のある方はおわかりだと思いますが、

  • DVD作成
  • ダンス
  • 一発芸の披露
  • ピアノ演奏
  • バンド

など、

余興を担うゲストはプライベートの時間を割いて、新郎新婦のために前々から準備をしてくれます。

そんなゲストへ多くの新郎新婦は、特別お礼をしたいと考えます。

お礼の内容としては、現金よりもプレゼントをお渡しする姿をよく見ます。

お見送りの際に「余興ありがとう!」と言葉を添えてプチギフトとは別のプレゼントを用意すると喜ばれます。
余興はグループで行うことが多く、お礼を用意する場合は、事前に余興をしてくれる友人が何人いるのかを確認しておくことが必要です。

遠方からいらっしゃる方

富士山と新幹線

県外のゲストは県内のゲストよりも出費が伴います。

飛行機代や車のガソリン代や電車代などの交通費と、宿泊費も必要になる場合があります。

お礼としては、交通費を往復または片道分負担してあげたり、ホテル代を予約も含め負担してあげることが多いようです。また、受付にて5,000円~10,000円など、距離を考慮した金額を「御車代」としてお渡しする場合もあります。

お礼(現金)の包み方

お金を数えている手

通常お礼としてお渡しする現金は祝儀袋に入れるのがマナーです。

1万円以上包む場合は祝儀袋、1万円以下の場合は小ぶりのポチ袋に入れたほうが「小額ですが感謝の気持ちです」という気持ちが伝わります。

現金はすべて新札で用意するのがマナーです。

祝儀袋

f:id:rerereflow:20180529092749j:plain

祝儀袋の水引は結婚式の場合「1度きり」のめでたいことという意味で使われる「結びきり」にしましょう。

水引の本数は10本で、のしつきのものが正式です。
表書きの上部には「御礼」または「御車代」と書きます。表書きの下部には「両家の苗字」を書きます。
5万円以上包む場合は祝儀袋も格の高い豪華な水引のものを選ぶのがベストです。

ポチ袋


 

ポチ袋に関しては市販のもので表に「こころばかり」や「きもち」と書いてあるものを使用します。

また、ポチ袋の中にはミニ祝儀袋風のデザインで、のしや水引が印刷されているものもあります。

内祝いについて

内祝いの品

内祝いとは結婚のお祝いをいただいた方へお返しする贈り物のことです。
結婚以外でも出産や成人や就職などお祝いをいただく行事の際は内祝いとして金額に応じた「お返し」を考えます。

結婚式の場合、いただいた金額の3分の1から半分くらいの金額の贈り物を用意するのが一般的です。

お返しはなるべく早く、遅くても1ヶ月以内には渡せるよう手配をしましょう。
お渡し方法は直接ご自宅を訪問したり、会社に持っていくのが良いです。県外の方には郵送します。
結婚式では、ゲストはご祝儀を用意し、その分両家はお料理や引出物でおもてなしをします。
では、結婚式の内祝いとは、どんな場合に必要なのでしょうか。

ご祝儀が大金だった場合

13万円を持つ男性

よくある例が、両家が料理や引出物でおもてなしをした金額よりもはるかにご祝儀の金額が上回っていたゲストの方です。
これは、親戚や会社の社長さんからのご祝儀に当てはまるケースが多いです。

この場合、結婚式後に多くいただいた金額の3分の1から半額くらいで、カタログギフトや記念品(タオルや食器や日用品)などを贈ることが多いです。

結婚式に招待しなかった方からのお祝いをいただいた場合

プレゼント

結婚式に招待しなかった友人や、会社関係の方々や近所の方々にお祝い金やプレゼントをいただいた場合も同様に内祝いが必要です。

よくあるのが、勤め先の方々がお金を少しずつ出し合って、プレゼントを用意してくれることです。
新婚生活に必要な家電や日用品などがよく選ばれます。

この場合お返しとして望ましいのは、なにか「美味しいもの」を会社に差し入れすることです。
老舗店のお菓子やお取り寄せスイーツなど、普段食べれないものはとても喜ばれます。

ご祝儀とは別に新婚旅行費や新生活応援費としてお金をいただいた場合

お札を渡す手

親戚や祖父母やお父様のご友人など、小さいころから可愛がってくれた方たちは、結婚式以外での必要経費もサポートしてくれることがあります。
これは結婚式で多大なお金を消費した新郎新婦にはとてもありがたいことです。

そんな粋なはからいをいただいた場合は、新婚旅行でのお土産を多めに買いましょう。また、「お返し」は感謝の心がとても大切です。メッセージカードを添えたりして気持ちを込めたお返しをすることをおすすめします。

内祝いの包み方

内祝いの品

内祝いの贈り物の包み方は贈り物に

  • 内祝
  • 結婚内祝
  • 寿

など、いずれかが印刷されたのしをかけます。

水引は10本の結びきりが正式です。
表書きの下部には新郎新婦の名前または新姓をいれて連名でも良いです。

渡すタイミングが結婚後になるので、新婦の旧姓を書くことはNGです。

結婚式場のスタッフへのお礼

打ち合わせをする女性

ウェディングプランナーをしていると、とてもありがたいことに結婚式当日に新郎新婦や両家の親御様からお礼をいただくことが多々あります。
また、個別にプレゼントをいただいたり、「みなさんで食べてください」とスタッフ全員に差し入れを用意してくださる優しい方もいらっしゃいます。
このようなご好意は仕事をしていてとても嬉しいことですし、お心遣いに感動し涙が出てしまうこともあります。

私の立場から申し上げるのはおかしな話かもしれませんが、このような結婚式場へのお礼は絶対しなきゃいけないことではありません。

すごく恐縮してしまうスタッフもいますし、結婚式代金の中には人の段取りや手配が含まれる商品に「サービス料」といって商品代とは別に頂戴している代金があります。

例えば、司会者や装花、料理の代金、介添料などには、サービス料としてその金額の10%を別途請求している結婚式場がほとんどです。

なので、本来それと別に現金を用意する必要はないのです。

  • ウェディングプランナー
  • 司会者
  • 美容師
  • カメラマン

上記のスタッフに対して別途お礼を用意する新郎新婦は多いです。

これらをお断りするのも失礼にあたりますので、ありがたく頂戴しますが、ウェディングプランナーの私としては、現金でお礼をいただくより、新郎新婦や親御様から「感謝の手紙」をもらうのがなにより嬉しいです。

「〇〇さんが担当で本当に良かったです。ありがとうございました!」と書いたお手紙をもらった時は、本当に達成感ややりがいを感じ、モチベーションも上がりました。

お礼を辞退された場合

手でバツを作る女性

ゲストの中には現金のお礼を受付で辞退される方も多いのが現状です。
実際、受付役の友人が新郎新婦から預かっていた主賓の方へのお礼を断られてあたふたしてる様子もよく見かけます。

この場合は、後日内祝いとしてカタログギフトを贈ったり、高級な焼き物やボールペンといったおしゃれな品物でお返しすることをおすすめします。

現金はもらいずらいと考え辞退される目上の方もいますので、なにか品物でお返しするのが無難です。
また、事前に宿泊費や交通費を出そうとゲストへ願い出た際も、固く断られる場合があります。
「気持ちはとてもありがたいが、結婚する二人のためのお祝い事だから、喜んでかけつけるよ!心配しないで!」と優しい心遣いをしてくれるゲストは多いです。

その場合も内祝でお返ししたり、引出物の品数を多めに入れるなど、新郎新婦からも感謝の気持ちをお返しすることが望ましいです。

その他注意点

check

新郎新婦の多くは友人や親戚の結婚式への列席経験を経て、自分の結婚式を迎えます。
お礼については、列席時になにか役を担い、いただいたことがある場合、自分の結婚式に反映して考えることができます。

例えば、友人の結婚式で受付をした際に、3,000円のお礼をいただいた場合、自分の結婚式でその友人に受付をお願いするのであれば、同じく3,000円のお礼を用意するべきです。

また、県外の友人の結婚式に列席した際、ホテル代や交通費を負担してもらった場合、
今度自分が招待する側の時は同じくホテル代と交通費を負担してあげるのが礼儀です。
なにもお礼をもらっていない場合でも自分の時は渡したいと考える新郎新婦もいます。
ただ、強引に宿泊代をかって出たり、あからさまな払うよアピールをしてしまうとかえって親切の押し売りや、嫌味になりかねません。
いろんな価値観や考え方のゲストがいますのでお伺いの立て方は十分気をつけましょう。

まとめ

いかがでしたか?
お礼で一番大切にしたいのは、「感謝の気持ち」です。

現金で包む場合も、プレゼントを用意する場合も、必ず感謝のメッセージを一言でも綴ることをおすすめします。

そうすることで形だけのお礼ではなくなります。
プレゼントの場合は事前にゲストのほしいものをリサーチしておいたり、ゲストのネーム入りのギフトを選んだり、
お酒が好きな主賓の方には「銘酒」を贈るなど、ゲストに合わせてお礼を用意するとより喜ばれるでしょう。
結婚式に一役かってくれるゲストの皆さんにはワンランク上のお礼やお返しを考えてみてください。