ウェディングプランナーの結婚式講座

現役ウェディングプランナーが結婚式のことを紹介するブログです。

ウェディングプランナーが教える結婚式のウェディングドレスの選び方

ウェディングドレスを着て立つ女性

結婚式に欠かせない新婦を人生最大に美しく魅せてくれるウェディングドレス

私もウェディングプランナーとして、運命の1着に出会って誰よりも輝いてほしい!そんな思いで日々お客様と向き合っています。

そのためには自分の

  • 身長
  • 体型
  • 雰囲気

に合う衣裳を見つけることが大事です。

一体どんな衣裳が私に似合うの?とお悩みの新婦に向けて、ウェディングドレスの選び方を紹介します。

人気のウェディングドレスの種類

白のウェディングドレス

白のウェディングドレス

女性に生まれたからには絶対に着たい憧れの白のウェディングドレス。

実は白は白でもいろんなタイプの白があるのです。

  • 純白
  • オフホワイト
  • アイボリー
  • シャンパン
  • ゴールド系

など、種類もたくさんあります。

黄色人種である日本人の肌には純白よりもアイボリー系の方が肌馴染みが良いです。

カラードレス

f:id:rerereflow:20180523213759j:plain

披露宴で自分らしさを表現できるカラードレス。

白のウェディングドレスとまったく違ったデザインを選ぶことで、めりはりのある衣裳演出ができ、ゲストの目を楽しませることができます。

和装

和装

ウェディングプランナーをしていて日々感じることは、日本人はやっぱり和装が似合う!ということです。

和装にもいくつか種類があり、

  • 白無垢
  • 色打掛
  • 引き振袖

などです。

最近は、大正モダンな柄や、古典的な柄がとても人気です。
成人式の振袖っぽくなるのは嫌だ!という意見も多く、格の高い白無垢や色打掛が選ばれています。
年配のゲストや、おじいちゃんやおばあちゃんのために和装姿を見せてあげたいと思う新郎新婦も増えています。

ですが、今回の記事では定番であるドレス系の選び方を解説しています。

ウェディングドレスの形あれこれを知ろう!

海外ではウェディングドレスはほとんどの新婦が購入していますが、日本はレンタルが主流です。

結婚式場が決まると、その式場が提携しているドレスショップで既製品をレンタルをするのが一般的です。中には、オーダーメイドを希望する方や、手作りに挑戦する方もいます。

ドレスショップにはプロのコーディネーターがいます。
コーディネーターは新婦の希望のデザインを聞き、似合うものを提案してくれます。
実際に何着か試着をしてみると、自分でもだんだんウェディングドレスの好みがわかってくるものです。
そこで、ウェディングドレスに関して、前もって知っておくと良いポイントを紹介します。

ウェディングドレスのラインを知ろう!

①Aライン


 

文字通りアルファベットの「A」のラインをしたドレスです。
体の縦の線をすっきり綺麗に魅せてくれるのでスタイルアップの効果が高く、多くの新婦が選ぶ王道のラインです。

  • 身長の高低に関係なく似合う
  • 体型に関係なく似合う
  • 正統派でエレガントな雰囲気を出したい方

②プリンセスライン


 

スカートのボリュームが大きく、ウエストから横にふんわり広がるラインです。
お姫様のイメージに憧れてこのラインを選ぶ新婦は多いです。
スカートにボリュームがある分、上半身を華奢に魅せてくれる効果もあります。

  • 身長の低い方
  • 体型関係なく似合う
  • プリティーでキュートな雰囲気を出したい方

③マーメイドライン


 

体にフィットしたデザインで、女性らしいボディーラインを惜しみなく出してくれるドレスです。
人魚の尾ひれのように膝下から広がったスカートが特徴的です。
歩く姿を美しく魅せる効果もあります。

  • 身長の高い方
  • グラマラスな方
  • セクシーで大人っぽい雰囲気を出したい方

④エンパイアライン


 

バストの下から切り返しでスカートになっているラインです。
スカートはボリュームがなく直線的で裾に向かって落ちています。
ドレスというよりロングワンピースのイメージで、シンプルなデザインが多いので
大きなブーケを持ちたい方やヘアや小物などに個性を出したい方はあえてこのラインを選んだりもします。

  • 小柄でスレンダーな方
  • 妊婦さんなどお腹が大きくウェストを見せたくない方
  • ヘッドドレスやブーケなどを大きめのものでコーディネートしたい方

⑤ショートレングス(ミニ丈)


 

スカートがフレアタイプで丈が膝上・膝下などの足が見えるラインです。
取り外し可能なトレーンやオーバースカートなどと合わせた2wayタイプも人気です。
ただ、新婦が足を出すスタイルに抵抗がある年配のゲストもいますので、
友人のみを招いた披露宴などで選ばれています。

  • スレンダーで小柄な方
  • カジュアルな雰囲気を出したい方
  • 前撮りや2次会用ドレスに最適

ウェディングドレスのネックラインを知ろう!

①オフショルダー


 

両肩の袖が肩上に乗らず、二の腕を覆うようなデザインで
肩を露出し首元から両肩、バストラインを強調します。
肩幅の広い新婦も華奢なイメージを作ることができます。

②ホルターネック


 

ストラップや紐を首の後ろで結んだり、引っ掛けて固定するデザインで
背中が大きく開くのが特徴です。なで肩の新婦におすすめです。

③ビスチェ


 

袖のないトップスデザインの胸で着るタイプです。
もっとも人気があり、種類も豊富に取り揃えているドレスショップが多いです。

胸元は

  • ストレート
  • ハートシェイプ
  • ラウンド

など様々なデザインがあります。

スリーブ(袖)のデザインを知ろう!

①パフスリーブ


 

肩先や袖口がふんわり膨らんだデザインで、白雪姫が着ているドレスの袖がパフスリーブです。
女の子らしいキュートなイメージを作ることができます。
なで肩でやわらかな雰囲気の新婦にぴったりです。

②フレンチスリーブ


 

ノースリーブの袖が少し伸びた感じで、
袖付け線がなく見頃からそのまま裁ち出したようなデザインです。
大人っぽく清楚で上品なイメージを作ることができます。
二の腕が少し覆われているので肩幅の広さを気にする新婦も安心して着ることができます。

③パゴダスリーブ


 

袖口にフリルがついていて、袖先に向かってラッパ口のように広がっているデザインです。
あまり日本で着ている新婦を見たことはありませんが、エレガントなイメージのパゴダスリーブは海外では人気です。
華奢な新婦があえてふくよかな印象を受けたい時などに選ばれます。

生地や素材の種類

ドレスの様々なデザインが気になる一方、使われている素材も重要です。
素材によっていろんな雰囲気を演出することができます。

インポートブランドでもよく使われるチュール素材

近年、チュール素材は洋服のスカートでも大変人気の素材です。

軽くてふんわりキュートでフェミニンなイメージが好きな新婦にはぴったりです。

王道サテン、シルク素材

昔からウェディングドレスのメジャーな素材としてサテンやシルクが使われてきました。

光沢があり艶やかで洗練されたデザインのものが多いので「Theウェディングドレス!」が好きな新婦におすすめです。

ラグジュアリーで正統派なイメージを作ることができます。

エレガントで上品なレース素材

ヴェールにもよく使われる素材で、可愛らしいものから大人っぽいものまで種類も様々です。

やわらかく優しいイメージを作ることができます。

おとなしく慎ましやかな雰囲気の新婦にぴったりです。

結婚式でゲストの目をひくウェディングドレスの大事なポイント

Pointを指す指

  • フロント
  • サイド
  • バック

とウェディングドレスには様々な表情があり、ゲストは様々な角度から新婦のウェディングドレスを楽しんで見ているのです。

中でもバックラインはこだわるべきポイントのひとつです。

なぜなら、教会式など新郎新婦が牧師の方を向いて行う挙式では、ゲストは2人の後ろ姿を見守ります。なのでバックラインにこだわったウェディングドレスはゲストの印象に残りやすいのです。

そのため、前と後ろで違った素材をあしらったウェディングドレスを選んだり、トレーンが長く豪華なウェディングドレスはとても人気があります。
トレーンは長ければ長いほどフォーマルな印象を与え、短いトレーンはカジュアルな印象を与えます。
バージンロードの長さやチャペルの雰囲気なども参考にぴったりのトレーンの長さをコーディネーターに相談しましょう。

神聖なヴェール

ヴェールをかぶった新婦

ヴェールは

  • フェイスヴェール
  • バックヴェール

から成り、新婦が頭に覆う教会式には欠かせないアイテムです。

清浄のシンボルと言われ、悪魔や悪霊などから新婦の身を守る魔よけの意味も込められています。

実際に、誓いのキスの場面で新郎が新婦のヴェールをあげるまでは、新婦はヴェールに守られているのです。
ヴェールはウェディングドレスに合わせて長さやデザインを選びましょう。
全体的にレースをあしらったものや、パールやクリスタルがついたものもあり、選んだウェディングドレスのデザインによってセレクトするとより素敵なトータルコーディネートが完成します。

ブライダルインナーについて


 

ブライダルインナーとはウェディングドレス専用の補正下着のことで、お気に入りのドレスを美しく着こなすための必需品です。
脇や背中の脂肪をすっきりしまい込むことができ、バストアップの効果もあります。
また、立ち居振る舞いで大事な「美しい姿勢」を保つことができます。

猫背を気にされていたり、腰痛で長時間重たいウェディングドレスを着るのはしんどいと不安な方もブライダルインナーは体の軸をしっかり支えるサポートをしてくれます。

また、これは巷で流行っている矯正下着ではありません。
よく、矯正下着を持っているから、それを着てもいいですか?と質問を受けますが、矯正下着はウェディングドレスを着た際に露出する胸元や背中をしっかり覆っているデザインのものが多く、ウェディングドレスからはみ出てしまいます。
ウェディングドレスを着て食事をする際も過度の締め付けから気分が悪くなったりする可能性があるので、危険を伴います。
また、通販で安く購入できるので節約しようと考える方もいますが、ブライダルインナーは下着のサイズとは大きく異なります。
届いて着てみたらサイズが全然違ったと後悔をすることもあります。
気をつけるポイントとしては、店舗にてプロに相談し、試着をして自分に合ったサイズを購入しましょう。

まとめ

いかがでしたか?
当然かもしれませんが、ウェディングドレスは長い人生の中でも結婚式でしか着ることができません。女性にとって最初で最後の機会なのです。

無知な状態で衣裳合わせに行くのではなく、少しでも知識を得ておくことは、ウェディングドレス選びにも役立ちます。

今やネットで検索すると様々なウェディングドレスの情報を見ることができます。
いろんなウェディングドレスの写真を前もって確認しておくことで、自分のウェディングドレスへのイメージを膨らませることもできます。
上記の内容を参考にぜひ、あなたも自分にぴったりな運命の1着と出会ってください。